夏の甲子園(高校野球)名勝負!


高校野球、夏の甲子園名勝負!

1998年準々決勝、『横浜 vs PL学園』

 

 

 

 

 

 

 

 

「高校野球史上最高の当たり年」 と、プロ野球スカウトが、
揃って太鼓判を押すのが、1998年の甲子園出場組である。

 

 

 

横浜の松坂大輔(現ソフトバンク)を筆頭に、
鹿児島実業の杉内(現巨人)、東福岡の村田(現巨人)
浜田高校の和田(現カブス)など、現在も、
プロ野球でプレーしている選手が数多くいる。

 

 

 

そんなタレント豊富な年代の中でセンバツを制し、
春夏連覇を狙う横浜と、センバツ準決勝で敗れた、
リベンジに燃える名門・PL学園の準々決勝は、
期待にたがわぬ、名勝負となった。

 

 

 

試合はまず、PLが先手を取りリードするも、
横浜も反撃し、5回を終えて4−4の同点。

 

 

 

その後、1点ずつを取り合い試合は延長戦へ。

 

 

 

迎えた11回、横浜が待望のリードを奪うが、PLも粘り、
ツーアウト2塁から、三遊間を破り同点に追い付く。

 

 

 

試合はそのまま進み、16回に再び横浜が勝ち越す。

 

 

 

しかし、諦めないPLは、その裏の、
松坂の暴投もあり、再び同点に追い付く。

 

 

 

17回、1つのエラーが明暗を分ける。

 

 

 

横浜の攻撃が簡単にツーアウトとなった後、
何でもないショートゴロの送球が逸れる。

 

 

 

次の打者が勝ち越しの2ランを放ち、3時間37分に及んだ、
延長17回の激闘は、9−7で横浜が春に続いて、
勝利を収めたのである。

 

 

 

その後、横浜は準決勝で高知の明徳義塾相手に、
終盤6点差をひっくり返す大逆転勝ちをおさめ、
決勝では、松坂がノーヒットノーラン達成という、
記録にも記憶にも残る偉業で、春夏連覇を達成する。

 

 

 

さらには秋の国体も制し、史上初めての完全制覇を成し遂げる。

 

 

 

こうした経過もあり、1998年の横浜高校が、
史上最強チームとの呼び声が高い。

 

 

 

時代の違いもあり、一概に比較するのはナンセンスなことだが、
それだけの魅力あるチームであったことは、誰も否定できないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ